金銭と言うのは、額に汗して苦労して手に入る金銭もあれば、ラクラク手に入る金銭もあります。
苦労して手に入れた金銭は、取り扱う時に心から勿体なく感じます。

部位が楽して手に入れた金銭の方法は、すっと使ってしまう。
むかし福引きで最初万円を当てた事があるのですが、焼き肉を食べて使い切ってしまいました。

また昔にお小遣いをもらっていたのですが、その金銭も大事に使っていませんでした。
必ずしもラクラク手に入った金銭だと、その本質が低く見まがうのです。

苦労して手に入れた最初万円という楽して手に入れた最初万円の本質が同じには思えないのです。

本当は楽して手に入れた最初万円も、大事にしなければいけないのは分かっています。
但しあたいはやつが出来ていないらしく、どうしてもそれほど図る事が出来ないのです。