予想はしていましたが、退職すると自由に使えるお金がとても少なくなりました。

現役時代から私は毎月お小遣いを貰い、その中から友人や職場関係の交際費に使っていました。

一番大きな出費は交際費で特に年度末近くになるとやたらと出張で来る人が増えました。その度に歓迎会だとか懇親会だとか飲む機会が多く、割り勘ですが全て個人負担でした。

退職と共にその交際費がかなり少なくなったのですが、気が利く?前職場の同僚は懐かしい人が来るたびに案内をしてくれます。

余計なお世話だとも言えずたまには付き合う事もありますが、少ない小遣いから出すには限度があります。

そんな事を計算しながら小遣いを使わなければならないのは仕方ありません。

私のモットーですが、お金を残すより親身になってくれる友人を残せ、つまりお金で買えない貴重な友情と言うものは一生の宝だと今でも思っています。