市役所でお金を借りるというのは、具体的には、住んでいる市町村の市区町村社会福祉協議会が相談窓口となっています。

この社会福祉協議会というのは、地域の民間団体であり、その地域の生活を助けるために様々な福祉サービスを実施しているところになります。

そして、その福祉サービスの一つが、生活福祉資金貸付事業といって、お金に困った時に市役所でお金を借りる方法になるのです。

この市役所で生活福祉資金貸付事業の対象となる人は幅広く、低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯になります。

しかも、こういった流れで市役所でお金を借りるには、利息は無利子、もしくは常識より低金利での貸付です。

状況に合わせて、支援金制度を行っており、福祉資金や教育支援資金等のほか、緊急小口資金貸付もおこなっています。

そして失業が原因で無職になった場合には、すぐに世帯の自立支援を助けるために、生活再建までの取り組みへの支援と生活費等の貸付を行う総合支援資金があります。

他にも、高齢者世帯を対象とした不動産担保型生活資金の貸付もあります。

これは土地建物を所有し、将来その住居に住み続けることを希望する高齢者に向けて、その土地建物を担保として、お金に困ったら生活で最低限必要な額の貸付を行う制度です。

世帯収入の基準は、各自治体によって詳細は異なりますが、市役所にある福祉課でお金を借りることができやすく設定されていることがほとんどですので、失業中で困った時だったり年金受給者などであれば、該当する人はかなり多いでしょう。

市役所でそれができるというのを知らない人が多いのですが、体験談から知っていれば、消費者金融や闇金で高い利子を払うことなく融資もできるのです。