大学の頃、就職先として志望していたのが出版会社でした。まだ就活をする前にアルバイト求人誌に出版会社のアルバイト求人の広告が掲載されたのを見つけたとき、将来のために社会勉強としてやってみようと思い、その出版会社の面接を受けることにしました。

アルバイトの面接でしたが、リクルートスーツでバシっと決め面接官の方に将来出版会社に就職したいのですと熱意を伝えました。面接には私と同じ学生が何人かいましたが、皆カジュアルな服装でスーツ姿は私だけでした。気合の入りようでは他の人には負けておらずこれは採用されるなと自信満々でした。

面接官の方から一週間以内には採用者には電話で伝えると言われました。つまり不採用には連絡は来ないということです。それから一週間経っても連絡なし、私は不採用になったんだと諦め、居酒屋のバイトに応募してここに採用となりました。

それから一か月過ぎた頃、携帯が鳴ったので出てみると、一か月前に応募した出版会社から連絡がきて、私が採用となったことを告げられたのです。出版会社の総務の事務手続きの誤りで採用者へ連絡をしていなかったとのことです。今更そんなことを言われても違うバイトを始めているし、とても楽しい職場なので出版会社には泣く泣く辞退を伝えました。

何でこんなことになるのか悔しくて仕方がありませんでしたが、出版会社には縁がなかったと諦めました。しかし就職先は出版会社に就職することができました。