ピョンチャンオリンピックでは、日本人の活躍が目立っています。

メダルの数も過去最高とのことです。

これは一個人だけではなく、日本全体に良い効果をもたらしてくれると思います。

経済的に考えれば、かなりの経済効果を生んでいることになります。

メダルを取るまでに、大けがで苦しんでいた選手も多いと聞きます。

大きな挫折の後に、メダルを取るためには、やはり並大抵の精神力ではかなわないのかもしれません。

ですが、困難な状態になったからこそ、大きな成長を遂げられたとも言えると思います。

スポーツに限らず、さまざまなことに挑戦していると、必ずしも順風満帆とはいかないものです。

もしかしたら、挫折の時期の方が長いかもしれません。

経済的に成功していくためにも、ある程度の挫折は覚悟しておかないといけないものなのではないかと思っています。