何となく買って使っていなものや、要らなくなったものを見ていると、何とかならないかなと思います。捨ててしまえば一番すっきりしますが、どれも無料で手に入れたものではありません。私が働いたお金で購入したものです。

だから、物を捨てるということは、お金を捨てているのと同じ。そんなことを言っていたら、部屋中ゴミだらけになってしまいそうだけれど、今後、無駄遣いをしないためにも、自分の家にあるものをどうするか考えることにしています。箱の中に入れられた古い洋服や、穴のあいた靴下、布の切れ端など、なかなか減りません。

でも、たまに素敵なバッグを作ることが出来ることもあります。そのバッグを見て、「素敵ね」と、声を掛けてくれる人がいます。お金も物も大切に出来たと思える瞬間です。