最近明るいニュースがありました。

日本の株が好調で日経平均がバブル期以来の水準に上がって明るいムードでいっぱいです。

これも日本企業の努力による好業績と良い市況のおかげです。

良い市況というのは円安の事です。そのことが追い風になって、日本の輸出産業に注目が集まったり、海外投資家が日本株を買う流れが大きくなったりしています。

従来9月というのは株価が下がりやすいといわれている月です。

それは、機関投資家が決算のために利益確定の売りをするためで毎年の流れとして広く知られています。そんな9月に株高になっているのは勢いがしっかりとしている表れと言えるかもしれません。

ここから先上がるか下がるかわかりませんが株価が高いというのは、日本経済が健康な証拠ですから、素直に喜びましょう。